日本はかつてリチウムイオン電池市場で大きなシェアを獲得していたが、現在の市場で存在感を放っているのは中国企業だ。中国メディアの網易は25日、後発中の後発である中国企業がリチウムイオン電池市場でシェアを獲得できた理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、現代において半導体とリチウムイオン電池はともに「極めて重要な技術・産業」となっていることを強調し、偶然にも両技術ともに「欧米で生まれ・・・・

続きを読む