日本人にとって身近な食べ物である「餃子」は元々、中国発祥の食べ物だ。しかし、日本と中国の餃子は大きく違っている。中国では餃子は主食であり、水餃子にして食べることが多いが、日本では焼餃子としてご飯のおかずとして食べるのが定番だ。中国メディアの百家号は24日、「日本人はどうして餃子をおかずにして食べるのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では餃子が中国から伝わった後、日本人の好み・・・・

続きを読む