中国のフードデリバリーの市場規模は年間10兆円を超え、世界一となっている。2021年には利用者が4億6900万人に達したと報じられたが、日本では学校や職場に家から弁当を持参しているという人はまだ多いだろう。中国メディアの新浪網は23日、「日本人があまりフードデリバリーを利用しないのは何故なのか」と問いかける記事を掲載した。

 記事はまず、フードデリバリーが中国人の生活にどのくらい浸透して・・・・

続きを読む