日本では近年、外国人労働者が増加しており、2020年10月の時点で約172万人の外国人が日本で働いていた。最も多いのはベトナム人の44万4000人で、次いで中国人の41万9000人だった。中国メディアの捜狐はこのほど、日本で「中国人の人材」の需要が大きい分野について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人自身の印象としては中華料理の「料理人」の需要が最も大きいのではないかと思うもの・・・・

続きを読む