中国経済の成長とともに中国に滞在する日本人の数はこれまで右肩上がりで増加してきた。外務省によれば、海外在留邦人が最も多い国は米国だが、2番目に多いのが中国だ。中国メディアの捜狐は21日、中国は日本人にとって米国に次ぐ第二の「目的地」になっていると主張する記事を掲載した。

 記事はまず、日本人の多い中国の都市を紹介した。上海、北京は当然のことだが、蘇州と広州も比較的多いそうだ。蘇州は上海に・・・・

続きを読む