中国は2010年に国内総生産(GDP)で日本を抜き、世界第2位の経済大国となった。自信をつけた中国は、様々な分野で日本を超えたと自負しているようで、それには「超高層ビルの高さ」も含まれているという。中国メディアの百家号はこのほど、中国と日本の実力差はビルの高さにも表れていると主張する記事を掲載した。

 記事はまず、日本は高い実力を持つ先進国であるとしながらも、「中国の実力も相当なものだ」・・・・

続きを読む