すでに2隻の空母を就役させている中国は、空母こそ海軍力の実力を示すものだと信じて疑わないようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、日中韓の空母を比較する記事を掲載した。中国は空母建造のスタートこそ遅かったものの、「今では日中韓のなかでは最強になった」と主張している。

 記事はまず、第2次世界大戦後の空母建造に向けた歩みは日本が最も早かったと紹介した。1990年代には輸送艦「おおすみ型」を就役・・・・

続きを読む