世界には「スシ」や「ベントウ」など、日本語のまま広まった日本文化があるが、中国のゲーム業界でも日本語が幅を利かせているようだ。中国メディアの百家号は20日、「中国のゲームメーカーが日本語を好む理由」を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、中国のゲームメーカーは、企業名や作品名に「日本語読みを当てる」のが好きだと紹介した。怪獣を「カイジュウ」と読ませたり、「原神」は中国語読みすれば「ユエ・・・・

続きを読む