中国のポータルサイト・百度に13日、「先進国である日本の平均給与が30年間も足踏み状態というのは、よく考えると非常に恐ろしい」とする記事が掲載された。

 

 記事は、経済協力開発機構(OECD)が先日発表した調査データで、日本のこの30年における平均給与が4.4%しか上昇していないことが明らかになったと紹介。インフレ圧力を考慮すれば、これほど低い成長率は成長していないのと同じ・・・・

続きを読む