中国のポータルサイト・百度に3日、大連に建設された日本街がオープン直後に中国国内で激しい批判を浴びた理由について解説する記事が掲載された。

 

 記事はまず、大連が日本の近代史と深く関わるセンシティブな場所だという点をを挙げた。日本人は1894年の日清戦争より大連の地に足を踏み入れ、1945年までの約半世紀もの間現地を占領し続けたと紹介。このため、大連は中国人の心を大いに傷つ・・・・

続きを読む