日本は中小企業が非常に多い国で、企業数の99.7%を占めている。日本経済がここまで発展したのは、中小企業のおかげと言っても過言ではないが、中国メディアの騰訊はこのほど、日本では小さな工場が世界最先端の技術を有していると紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本には無名の小さな会社が無数にあり、日本の発展を支えてきたと紹介している。こうした中小企業には、中国の企業には無いものがあるという。

 それは「世界最先端の技術」だ。日本では従業員数がほんの数人または十数人ながらも、世界でトップレベルの技術を持っている中小企業が複数あると強調。地方にある目立たないような小さな工場であっても、世界で競える金属加工技術を持っていて、世界最大手のスマホメーカーが仕事を依頼したケースもあるほどだと紹介した。

 また、ねじの常識を覆した「絶対に緩まないねじ」の技術で世界一になった企業や、へら絞りという金属の成形を追求して最高峰の技術を手に入れた企業も日本には存在すると紹介、いずれも従業員数は決して多くないが、1つのことをずっと追求し続けてきた結果、世界最高水準に達したという共通点があることを強調した。

 日本の中小企業には、技術を追求する飽くなき向上心があると言えそうだ。記事は、「中国の企業は会社の規模を大きくすることばかり追求しがちで、技術を極めようとはしない」と指摘。一方、日本の中小企業を見れば、「会社の規模ではなく、技術を徹底的に極めることも成功につながることが分かる」と指摘し、こうした考え方は中国企業にとって学ぶに値すると伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)