中国の国内総生産(GDP)が日本を超えたのは2010年のことだ。その後も中国経済は成長を続けており、今では日本のGDPの約3倍の規模にまで達している。

 日本のGDPは世界第3位とはいえ、中国との差は開く一方と言えるが、中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「中国の国力は日本よりどれほど強いのか」と題するスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わした。

 スレ主は、全体的な国力で中国は日本を上回っていると考えているようだが、他のネットユーザーに対して「中国の国力は日本より強いと言えるか」、「今でも日本の方が強い分野はあるか」、「経済、科学技術、軍事で日中のどちらが上か」などと質問している。

 これに対し、軍事面での中国の優位性を指摘するコメントが比較的多く、「軍事面で言えば、日本はちょっと強い蟻という程度。中国はゾウでなければ龍だな」、「外国の介入がない前提なら、中距離ミサイルの数でこの問題は解決できる」などと主張していた。

 また、「日本と中国を比較するなんて、中国をバカにしているのか。10年前ならいざ知らず、今では日本なんて比較にならない」、「中国は日本とは別の次元」など、中国の方が圧倒的に上だとの意見も少なくなかった。

 しかし、「技術力ではまだ日本に及ばない。自分を自分で欺いてはダメだ」という声や、「科学技術力、研究開発、芸術、教育、福祉の分野は日本が勝っていると思う。でも軍事、経済は中国の方が日本より上だ」、「生活レベルに大きな違いないね。大都市なら日本より良いほどだ。ただ、治安と都市の清潔さ、国民の民度だけは日本に遠く及ばない」などのコメントもあり、すべての点で日本を超えたわけではないとの冷静な意見も多かった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)