中国にはかつて外国租界が各地にあり、当時の日本人が建てた建物も残っている。中国メディアの百家号は5日、かつての上海租界に残る一風変わった建物として「日本人が建てたインド風寺院」を紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介したのは、上海・虹口(ホンコウ)にある「上海西本願寺」だ。一瞬、異国に迷い込んだかのような錯覚になる古代インド・イスラム風の建物だが、1931年に日本人が建てた寺院だと紹介し・・・・

続きを読む