日本のロケット打ち上げ技術は世界トップレベルとも言われている。しかし、日本は似たような技術が使われる「大陸間弾道ミサイル」は製造していない。これはなぜなのだろうか。中国メディアの騰訊はこのほど、「日本のロケット技術は中国より優れているのに、なぜ大陸間弾道ミサイルを作らないのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、ロケット技術と弾道ミサイル技術はよく似ているので、道理から言えばロケット技術が高い国は弾道ミサイルも作れるはずだと論じた。この点で日本は、イプシロンロケットの打ち上げに成功するなど、非常に高いレベルの技術を持っているのに、弾道ミサイルは作れていないと指摘した。

 この理由として記事は、「政治的な理由」を挙げた。敗戦国の日本は軍事面で多くの制限を受けており、核弾頭を保有できないので弾道ミサイルを保有する意義があまり大きくないと説明した。

 また、実際には「弾道ミサイルを作る技術もない」と記事は主張した。ロケット技術と弾道ミサイル技術は似ているとはいえ違いもあるので、そう簡単に開発できるものではないと指摘している。例えば、ロケットは衛星を打ち上げればそれで終わりだが、弾道ミサイルは再び大気圏に突入して目標物に当てる必要があり、これは現在の日本にはできない技術だとしている。

 さらに、大気圏再突入も技術面での難題だと記事は指摘し、日本は確かに高いロケットに関しては技術力を持っているが、大陸間弾道ミサイルを短期間で開発するとなると大きな問題に直面することになると強調し、日本が弾道ミサイルを開発することは極めて困難だろうと結んだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)