中国の住宅の大きな特徴の1つに、窓に防犯のための「鉄格子」をつけ、玄関は二重の防犯扉となっている家が非常に多いことがある。しかし、日本の家屋では「格子」も「防犯扉」を見かけることはほとんどない。中国メディアの網易はこのほど、「日本の家にはなぜ防犯用の格子がないのか」と問いかけ、この理由を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の住宅には窓どころかベランダにすら防犯用の「格子」がないと紹介した。ベランダに格子がなければ外部から簡単に侵入できてしまうので、これは中国人にとっては信じられないことのようだ。また、戸建ての場合は庭の周りに壁や柵を作る家も多いがあまり高くはなく、「防犯の役には立たない」と指摘している。

 この理由について記事は、「日本人は治安の良さを信じている」ことにあると分析した。「信用」を重んじる国である日本では、犯罪の代償があまりに大きすぎて、犯罪者は社会的な信用を失い、その後の仕事や生活に大きな影響を及ぼすためだと主張している。

 このほか、窓に格子をつけないのは「地震が頻発するので、すぐに避難できるようにするため」という目的もあると主張した。それで、マンションのベランダでさえ、隣のベランダとは蹴破り戸で隔たっているだけだと伝えた。

 とはいえ、日本人には全く防犯意識がないという訳ではなく、「マンションには防犯カメラが設置されており、個人の住宅にも自動警報システムを導入している家もある」と紹介している。

 記事の分析の正確性はともかく、日本人からすると窓やベランダに格子が付いた家での生活は考えられない話だといえるだろう。このため、中国のマンションに住むと「牢屋にいるようだ」と感じる日本人もいるほどだ。格子のない住宅に住める日本は幸せだと言えるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)