防衛省は10日、長崎市の三菱重工業長崎造船所において、新規建造された護衛艦「みくま」の命名式および進水式を行った。中国メディアの新浪網は12日、「中国と争う東シナ海に日本の新型護衛艦が入る」と紹介する記事を掲載した。

 記事は「みくま」について、3月に同造船所で進水した「もがみ」型の4番艦だと紹介した。対潜戦や対空戦、対水上戦に備えるばかりか、対機雷戦の能力まで備わっていると警戒を示し、62口径5インチ砲、垂直発射装置(VLS)、対機雷戦用ソナーなどの装備があることも伝えた。

 中国が警戒するべき理由は、「みくま」のスペックだけではなく、日本が急ピッチで装備を強化していることだという。およそ1年の間にもがみ型を4隻も進水させ、将来的には22隻を建造する計画になっていると伝えている。

 また、「みくま」が新型の多機能護衛艦(FFM)であることから、中国を強く意識した配備だと指摘した。FFMは平時の警戒監視活動を強化すると同時に、有事の場合は中国軍を西太平洋に進出させないようにする狙いがあるとの見方があるが、記事は「日本は東シナ海における中国対策として配備するのだろう」と主張した。

 記事は日本が軍事力を強め、中国の動きを警戒していることを懸念しているが、それだけ中国の海洋進出に日本が警戒しなければならない状況になっていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)