中国のポータルサイト・百度に13日、日本で出稼ぎしている河南省の「農民工」が、日本での生活を賞賛しているとする記事が掲載された。
 
 記事は、中国のネット上で近ごろ、河南省の「農民工」すなわち、農村部の出稼ぎ労働者が日本で働く様子を撮影した動画が注目を集めており、動画の中でこの労働者が日本人に対して「驚くような賞賛」を送っていると伝えた。
 
 そして、この労働者が「日本の建設現場での仕事は1日7時間で、日給は600元(約1万700円)だ」と紹介するとともに「これまで残業をしたことはないし、給料の支払いが滞ったこともない。しかも食事まで提供してくれるほか、定期的な健康診断も受けさせてくれる。住まいも良い環境にあり、建設労働者に対する偏見もない。日本はとても素晴らしいと思う」と語ったことを紹介している。
 
 その上で、動画を見た中国のネットユーザーからは「これは神のような仕事ではないか。空きがあるなら自分も行きたい」、「1日600元もらえて残業も無いなんて、中国のホワイトカラーに比べて遥かに快適ではないか。週6日、朝9時から夜9時まで働かされる中国のインテリが、日本の建設労働者に負けるとは」といった感想が寄せられる一方で、「1か月に30万円ほどの給料じゃ、日本ではそこまで感激するレベルではない」といった冷ややかな意見も見られたと伝えている。
 
 記事は、ネットユーザーはそれぞれ自らの観点に立って感想を述べているが、この労働者からしてみれば建設労働者1日に600元もらえるというのは中国国内に比べて確かに好待遇であり、心から賞賛するのも理解に難くないと評した。
 
 また、日本では少子高齢化による働き手不足が起きており、特に肉体労働を必要とする工事や建設現場では日本人作業員の平均年齢が上昇する状況が発生していると紹介。中国からの出稼ぎ労働者に対する「好待遇」も、少子高齢化という背景があるとの見方を示している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)