日本の自動車市場と違い、海外ブランドの人気が高い中国では、特に日系車、ドイツ車のシェアが高く、米国車がこれに続いている。ではこれらの海外メーカーの中で最も耐久性が高いのは、どの国の車だろうか。中国メディアの車易号はこのほど、「走行距離が20万キロを超えると、その差は歴然としてくる」と紹介する記事を掲載した。

 記事が比較したのは、日系メーカー、ドイツメーカー、米国メーカーの小型乗用車で、走行距離20万キロの時点での状態について分析している。まず、「エンジン、トランスミッション、シャーシ」の状態については「それほど大きな違いはなかった」という。しかし、日系車は「基本的に納車時と同じ」ほど状態が良かったのに対し、ドイツ車はエンジンに「油染み」が見られ、米国車は「ノイズと明らかなパワー不足」があったので、日系車に軍配が上がるとした。

 次いで「燃費」を比較した。車は古くなると燃費が悪くなるものだが、日系車、ドイツ車、米国車のなかでは日系車の燃費が最も良く、次いでドイツ車、米国車が最も悪かったそうだ。

 「乗り心地」でも日系車が勝っていたという。日系車はギアチェンジの時もスムーズさを保っていたと称賛した。ドイツ車は「普通」で、20万キロ走行したなりの乗り心地だったが、米国車はギアチェンジがスムーズではないのが明らかだったとしている。

 最後は「残価率」についても比較しているが、やはり日系車が最も高く、次いでドイツ車、米国車となったと指摘した。記事は「簡単に比較しただけ」としつつも、日系車、ドイツ車、米国車の差は歴然としていると伝えた。やはり、日系車の優位性は明らかだと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)