ひと昔前まで中国のネット上で手放しで称賛され「神話化」さえされてきた日本のものづくり技術。昨今の日本企業によるデータ改ざんなどの偽装問題が次々に発覚したこと、中国人消費者が理性的な目を持ち始めたことなどから、「匠の精神」や「職人気質」という言葉はかつてのような輝きを失いつつあり、逆に何かにつけて謝罪して済ませようとする「謝罪の精神」といった皮肉がよく見受けられるようになった。

 
<・・・・

続きを読む