自動車の「衝突安全性」を左右するのは、主に「クラッシャブルゾーン」や「セーフティーゾーン」といった機能を持たせた車体構造だ。一定以上の速度で走る車にとって、ボディ表面に使われる鋼板の厚さは衝突安全性に与える影響は大きくないと言えるだろう。

 だが、中国では「鋼板の厚さが車の安全性を左右する」と信じている消費者が一定数おり、「日系車はボディの鋼板が薄いので安全性に劣る」という間違った認識を持っている消費者も少なくない。

 中国メディアの騰訊はこのほど、中国のネット上では「日系車のボディ鋼板は薄いと言われているのに、なぜ世界中で売れているのか」といった声がいまだに聞かれると紹介しつつ、「自動車を理解していない消費者が多いということなのか」と疑問を投げかけている。

 記事は、「日系車のボディ鋼板は薄く、安全性に劣る」という認識には「大きな問題がある」と強調し、自動車の安全性は「車の表面の鋼板で決まるものではない」からだと強調し、安全性を左右するのは「自動車全体の構造」であると強調。そして、日系車は高強度のフレームで構成されており、自動車の重量を軽減すると同時に車体の強度を高めていると指摘した。

 また、自動車に乗っている人の安全性を左右するもう1つの要素は「エアバッグ」に代表される各種「装備」であるとし、これは一般的に車体価格が高くなればなるほど、優れた装備が搭載されると考えて良いと強調。そして、各種装備は「ボディ鋼板とは無関係」であるがゆえに、ボディ鋼板の厚さはやはり安全性を左右する要素ではないことを指摘し、「安全性が低かったら、日本車が世界中で売れるはずがない」とし、世界中で売れている事実こそが日本車の安全性を示す証拠であることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)