人口が多い分、激しい競争社会となっている中国では、何かにつけて比較したりランク付けしたりするのが好きなようで、中国のネット上では軍事力や経済力など様々な分野を比較する文章が多く出回っている。中国メディアの網易はこのほど、ドイツと日本を比較してどちらが上かを分析する記事を掲載した。

 記事は、ドイツと日本はどちらも「工業強国」で相当な実力を有していると伝えた。中国では「感覚として」日本の方がドイツより上だというイメージを持つ人が多いというが、実際のところはドイツの方が上だと記事は主張している。

 例えば、国内総生産(GDP)では日本がドイツを上回っているのは事実だが、日本はドイツよりも人口がずっと多く、労働時間も長いので、「ドイツの方が生産効率は高い」と言えると論じた。したがって「ドイツの方がすごい」そうだ。

 また、日本は中国から近く、日本製品はドイツ製品と比べると比較的安いので市場シェアは日本製品の方が高いと分析した。このため中国人は日本の方が優れていると思ってしまうが、ドイツ製品の多くは「ハイエンド製品」であり、その付加価値と利潤は非常に高く、多くの製品の生産にドイツ製品が欠かせないと指摘した。これは日本も同じで多くの製品をドイツから輸入しているので、ドイツの実力が上だと言えるという。自動車分野でも中国市場ではドイツ車の方がシェアは高いとも指摘した。

 このほか、世界企業番付「フォーチュン・グローバル500」では日本企業の方がランク入りした企業数が多いとはいえ、ドイツの実力は中小企業の強さにあると記事は主張している。この点で日本の中小企業は大企業に依存しているため「ドイツの方がやはりレベルが上」だと主張している。それで記事は、総合的に見ると工業面でドイツの方が日本より優れていると結論した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)