日本経営管理教育協会がみる中国 第698回 ――坂本晃

1.日本の過去、1945年終戦まで

 宇宙・時間の始まりは138億年前、地球の誕生は50億年前、人類の誕生は20万年前と大まかにされている。日本は地理的には四面海に囲まれ、イギリスと同様、大陸からの侵略が困難であり、温暖な季節に恵まれていた。日本人のルーツは明確ではないが、青森市にある三内丸山遺跡は約5千年前の建設と推定され、日本という國は中国の記録によれば紀元前150年前に「倭」として残されている。人間が生きるための食糧の生産が農業革命により、15世紀で1千万人に近い日本人が生活できるようになった。奈良や京都が日本の中心として天皇が支配、その後1603年に徳川家康が征夷大将軍として江戸から日本全国を支配する江戸時代に入り、1868年明治維新まで約260年間鎖国で、農業を基盤に元禄文化など高度成長を果たした。アメリカからの黒船到来で開国を決め、欧米の仕組みを導入して「富国強兵」を国是に選挙制度を導入したが、日清、日露の勝利を機にかっての武士に代わり軍部が実質的に日本を支配、太平洋戦争に参戦、1945年に終戦した。人間は誰しも両親の合意の元に遺伝情報を持ちつつ生まれ、成長、やがては老衰などで永眠する。

2.1945年終戦から2021年現在

 1945年終戦後、平和憲法の元、復興を含めて産業革命による工業化社会で高度経済成長を経験、社会福祉を欧米に見習って導入、保険制度を活用した国民皆年金、国民皆保険制度を1961年に開始、1964年東京オリンピックを開催、核家族化が進行するなか、平成不況と言われる中で、日本は平和裡に70年後の2021年に至っている。

 2000年には介護保険制度を開始、高齢者の介護を社会保険方式で社会が補う仕組みを開始した。これら社会福祉を実施するために所得税、法人税に加えて消費税を導入、今後を含めて日本国の財政基盤を構築することになった。

3.2022年コロナ後

 従来の武器による戦争に代わって2020年にはコロナウイルスが世界経済を襲い、日本人に限らず世界の人々が大きな影響を被っている。従来の対面による教育やビジネスに変化を求められ、新たにネットを活用した方式を含めて対応を開始した。日本は2065年に人口は現在の1億2千万人から9千万人を割り、65歳以上の高齢者が4割近くを占めると推計されている。今後は情報革命により、世界中の人々が自働翻訳を介して交流し、世界共通の通貨と国際連合を世界政府へと変革し、武力を用いない恒久的な世界を目指したいものである。(写真は、日本の富士山。提供:日本経営管理教育協会)