韓国の街中にある店の看板は、そのほとんどがハングルで書かれているが、道路の案内標識に書かれた地名はハングルのほか漢字でも表記されている。また、韓国人の身分証も漢字で名前が記されている。韓国は漢字を廃止したはずなのに、なぜ一部で漢字が使われているのだろうか。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、この理由について説明する動画を配信した。

 動画ではまず、1950年代に撮影された韓国の写真を紹介・・・・

続きを読む