中国都市部の道路が最も清潔な時間帯は「朝」だ。これは夜明け前から勤勉に道路を清掃する清掃員の働きのおかげだが、日本ではそのような清掃員がいなくてもきれいな状態を保っている。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、日本人が高い衛生観念を持っている理由について考察する動画を配信した。

 動画はまず、多くの中国人は日本に行くとその清潔さに驚くと指摘した。しかも、人口の多い大都市ほどごみ箱が少ないが、それでも道路にはごみが落ちてないことに気づくという。この理由について「日本人はごみを持ち帰る習慣ができているからだ」と説明している。

 そして、日本では清掃や衛生という概念が「学校で培われる」と紹介した。中国のように清掃員が校内を清掃するのではなく、子どもたちが掃除をするためで、学校では大掃除などのイベントもあって厳しくしつけられているとしている。

 このほか、日本はごみの分別も非常に厳格で、決められた日にしかごみを出すことができないと伝えた。これはいつでもごみを出せる中国とは大きく異なっていると言えるだろう。そして、「日本はごみのポイ捨てに対し、中国の交通違反の罰金以上の罰金が科され、場合よっては刑務所行きになる」ため、ポイ捨てする人はほとんどいないと解説した。罰則が厳しいからポイ捨てをしないというのは中国でよく言われる説明だ。

 最後に、日本人サポーターはサッカーの試合後に自主的にごみ拾いをすることで、世界中の人から称賛されているが、高い衛生観念が染みついている日本人にとっては「ごく自然な事」をしているに過ぎないと結論した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)