中国のポータルサイト・網易に28日、日本が世界で最も急速に高齢化が進んでいる国になった理由について紹介する記事が掲載された。

 

 記事は、今年9月に総務省が発表した最新の高齢者人口が3640万人に達し、昨年より22万人増えて総人口に占める割合が29.1%になったと紹介。日本は2007年より「超高齢化社会」に入っており、世界で最も高齢化率が高く、なおかつ最も急速に高齢化が進ん・・・・

続きを読む