国内総生産(GDP)の規模で長らく世界第2位の地位を保ってきた日本だが、2010年に中国に追い越されて3位に転落した。その後も中国と日本のGDPは差が広がるばかりだ。この点について、中国のQ&Aサイト知乎にこのほど、「中国のGDPは日本を超えて何年にもなるが、なぜ日本からは緊張感が伝わってこないのか」と問いかけるスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが議論を交わした。

 寄せられたコメントを見ると、「日本はかなり緊張しているよ。経済面よりも軍事面で」、「相当緊張しているじゃないか。そうでなければ大金をはたいてあちこちで中国に関するネガティブな情報を流すようなことはしない」など、スレ主の前提に反対の意見が少なからずあった。

 しかし、大半のコメントはスレ主に同意した上で、「日本人の多くは、すでに中国に負けたと認めているからだ」、「すでに最も緊張した時期は過ぎて事実を受け入れる段階に入っている」、「日本人の多くが低欲望になっており、直接自分の生活に関わる昇進や昇給に対しても競争心がなくなっているほどだからだ」などの理由を挙げていた。

 また、「自分の思考パターンで他人のことを考えるべきではない。日本人には中国のような考えはないから、緊張も何もない」、「日本は緊張というより中国を恐れているのだろう」などのコメントもあった。

 ほかには、「日本人は緊張するどころか喜んでいる。中国のGDPが増えるほど日本の大顧客が金持ちになり、日本の景気も良くなるからだ」、「むしろ日本は、中国経済が後退することを恐れている。中国経済がダメになると日本が大きな被害を受けるからね」などの意見もあり、日本経済は中国に相当依存していると見ている人が少なくないようだった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)