日本には創業から100年を超える企業や、200年を超えるような長寿の企業が数多く存在する。また、世界で最も長寿の企業も日本にあるほどだが、中国は毎年、企業が数多く生まれると同時に、多くの企業が消えていく「多産多死」が特徴と言われており、その寿命は極めて短命だとされる。

 中国には「富不過三代」という言葉があり、どれだけ繁栄した一族でも「その富は最長でも3世代しか続かず、4代目には没落する・・・・

続きを読む