日本は1968年から42年間にわたって国内総生産(GDP)で世界第2位の座を維持してきたが、2010年に中国に逆転を許した。その後は中国との差は拡大する一方であり、すでに日中のGDPの差は3倍近くにまで開いている。

 そのためか、中国国内では日本経済を軽視するような論調も見られるようになったものの、中国メディアの百家号はこのほど、日本は「アジアで唯一、列強となった国」であるとし、その日本・・・・

続きを読む