日本の住宅には床材としてフローリングが使われることが多い。また、和室では畳を敷き、水回りにはクッションフロアを使うこともあるが、タイルは一般に玄関や土間に使われる程度だ。その点、中国では多くの家で床にセラミックタイルを使っている。中国メディアの網易は19日、「日本の住宅の床がタイルではない理由」を分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本人の生活習慣は中国と違うと紹介した。家に帰るとす・・・・

続きを読む