日本の農作物の品質は極めて高く、消費者は安心して美味しいものを口にすることができる。中国は農業大国である一方で、今も農作物の品質より生産量が優先される傾向が強いようで、農薬が多用されたり、より高値で売るために水などを注入して重さを「水増し」するといった問題が頻発してきた。

 中国メディアの新浪はこのほど、日本と中国では同じ農作物でも質には大きな差があることを強調し、その一例として「ブドウ」を取り上げている。

 中国は果物の生産量が多いためか、スイカやミカンなどの果物の価格は日本より圧倒的に安い。また、日本では果物の価格が高いことは多くの中国人が知っている。記事は、中国ではスイカやブドウは安い果物であることを指摘する一方、日本の果物専門店などで売られている高級果物は驚くほど高額であり、なかには1房ではなく、1粒で1000円を超えるようなブドウまで存在すると紹介した。

 続けて、日本の果物の高額さに対し、多くの中国人は「日本人に同情しつつ、安い果物をいくらでも食べられる中国に生まれたことを幸運だった思う」に違いないと主張する一方、日本で果物が高額なのは「それだけ質が高いから」という見方もできると強調した。

 1粒で1000円を超えるようなブドウはあくまでも特別なものだが、こうした高額な果物に対しては農薬を使わないことや、粒の大きさや糖度などについての厳格な規格があると紹介、高い品質があるからこその値段であることを強調し、「それだけ品質が保証されていることを考えると、とたんに1粒で1000円という価格が高く感じなくなってしまう」と主張。そして、こうした値段で売ることができるブドウにこそ日本と中国の農業の差が表れていることを指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)