日本の公立学校では、教師がずっと同じ学校に留まることはなく、数年に1度の間隔で異動することになっている。これは、「各学校で平等な教育を提供する」ことも目的の1つだが、中国メディアの百家号はこのほど、「日本では教員の人事異動政策をすでに何十年も実行しているのに、なぜ中国は実行できないのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では20世紀の中ほどから、教員を定期的に人事異動させる制度・・・・

続きを読む