2011年の東京電力福島第一原発事故が転換点となり、世界の原発事情は大きく変わった。日本で再稼働した原発は少なく、廃炉が決定した原発もある。欧米諸国も廃炉を進めているが、中国は逆に建設ラッシュで、日本に代わって世界第3位の原発大国となった。中国メディアの網易は14日、「日本の原発が世界第3位の地位から転落してしまった理由」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本は中国に追い抜かれるま・・・・

続きを読む