中国メディア・毎日経済新聞は11日、日本の研究者が3Dプリンターで本物そっくりの食べられる「和牛肉」の制作に成功したと報じた。

 

 記事は「日本の研究者がこのほど、3Dプリンターを用いた和牛肉作りに成功した。この人工肉の断面は、本物の和牛肉にそっくりだ」と紹介。和牛肉は筋繊維の中に含まれる脂肪の量が他の肉よりも多く、その断面は「霜降り」と呼ばれる大理石のような模様をしている・・・・

続きを読む