中国メディア・中国青年網は9日、「日本は5年以内に空母2隻体制を実現するのか」とする記事を掲載した。

 

 記事は、米軍のF−35B戦闘機が先日、海上自衛隊の護衛艦「いずも」上での離着陸試験を実施したと紹介。日本は巨額の費用を投じて護衛艦を改造して艦上からの戦闘機の離着陸を実現し、事実上の空母に変更する動きを進めており、今回の試験もその一環であると伝えた。

 ・・・・

続きを読む