韓国は最近国力を付け、先進国に数えられるまでになったが、日本と比べた場合の国力の差はいかほどなのだろうか。中国のQ&Aサイト・知乎にこのほど、「日本の総合的な国力は本当に韓国よりも上なのか」と題するスレッドが立てられ、中国人ネットユーザーが様々な意見を寄せている。

 スレ主は、韓国は国内総生産で世界10位になった経済力や文化の海外輸出でずいぶん目立つようになったと指摘する一方、日本はとても控えめな国であるためか、最近の日本は以前に比べて注目を集める機会が減少したと感じていると主張した。それで日本は落ちぶれてしまったのではないかと問いかけた。

 スレ主は「できれば日韓両国に留学した人に対し、日韓のどちらの国力が上なのか話を聞きたい」と意見を募っている。スレッドの意見を見てみると、残念ながら留学経験者からのコメントはなかったものの、「日韓の国力」という話題は中国人の興味を掻き立てたらしく、多くの意見が寄せられていた。

 圧倒的に多かったのが「日本の国力は韓国とは比べものにならないほど上だ」というものだった。韓国の国力が伸びているのは事実だが、国土面積や人口、一人あたりGDP、国際的な影響力、科学技術、軍事工業、ノーベル賞の受賞者数、イノベーション能力など様々な分野において、まだ日本が上だという意見が目立った。

 また、日韓の違いが様々な表現で説明されていて、「日本は世界級の強国で韓国は地域級の強国」、あるいは「日本は資本主義国で世界第2位の地位を半世紀も守り続けてきた国」、「韓国は台湾と同じクラス」と表現する中国人ユーザーも多かった。一方、韓国文化が海外で人気であるように、韓国の国力と影響力は年々伸びてきており、日韓の国力の差は着実に縮まってきているという声も多々見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)