中国のポータルサイト・新浪に6日、陸上男子5000メートル走で日本の男子高校生が出した新記録が、中国の国体に当たる全国運動会での同種目優勝者のタイムよりも速かったとする記事が掲載された。

 

 記事は、3日に行われた日本体育大学長距離競技会の男子5000メートル走で、高校3年生の佐藤圭汰さんが13分31秒19の好タイムでゴールし、日本の高校記録より3秒以上速い新記録を樹立した・・・・

続きを読む