中国には主に駐在員の子女を対象にした日本人学校があり、北京、上海、広州などの大都市に設立されている。中国メディアの百家号は4日、中国には日本人学校が多いと紹介しつつ、「なぜ中国の土地に日本人しか入れない学校を作るのか」と問いかける記事を掲載した。

 中国にある日本人学校は、日本国籍を持つ子どもたちが通っており、彼らはほとんど中国に駐在している親に伴って中国に滞在しているようだ。海外にいな・・・・

続きを読む