中国では最近、「双減」と呼ばれる中国版ゆとり教育とも言える政策が始まった。学生の宿題と塾などの校外教育の負担を軽減させるというもので、これに伴い学校の授業にも変化があり、体育の授業を増やした学校が多いようだ。

 しかし、学歴社会の中国ではこれまででテストの成績が何よりも重視されていたため、体育の授業が増えることで成績が下がってしまうのではないかと不安に駆られる保護者もいるようだ。しかし、・・・・

続きを読む