中国のポータルサイト・百度に4日、「20年前、日本と韓国のGDPの合計は中国の3.6倍だったが、今はどうなった」とする記事が掲載された。

 記事は、この20年で中国経済は高度成長状態を保ち、経済規模は米国に次ぐ世界第2位となり、アジアでは11年連続で最大の経済大国の地位を保っていると紹介。一方で、隣国である日本と韓国もアジアでは数少ない先進国であり、目覚ましい経済発展を遂げてきたと伝えた・・・・

続きを読む