日本人の対中感情が悪化しているためか、一部の中国人は「日本人は中国を敵視している」と思っているようだ。中国のQ&Aサイト・知乎はこのほど、「日本人が中国を敵視する理由」について、意見を求めるスレッドが立てられた。

 スレッドには、考えられる要因について意見が寄せられたが、比較的多かったのは「中国が経済面・軍事面・文化面などで強くなったため」というものだ。つまり中国の発展をねたんでいると言いたいのだろう。また、「日本のメディアが中国について悪く報じている」、「教育のせい」と答えている人もいた。

 しかし、日本人は中国人を「敵視しているわけではない」と考えている人も意外と多かった。実際、対中感情の調査でも、中国のことを好きではないという程度で敵視とまではいかない人が多いだろう。日本人の対中感情について「中国の報復を恐れている」と推測する人が多く、中国に追い越されることで「優越感と安心感を失って、焦っている」と主張する人もいて、いずれも中国に対してネガティブな感情を持っているにしても、敵視ではないとの見方を示していた。

 それどころか、実は「互いに好感を持っている」のではないかと言う人や、日本人は政治に関心が薄いので「中国人を敵視している暇などない」という主張もあり、好意的な解釈が目立った。もし中国を敵視する人がいるとしても、それはごく一部に過ぎないと言う人もいた。

 中国では歴史問題を引き合いに出すたびに「憎しみ」や「恨み」といった感情を強く強調しているため、スレ主のような発想に至るのかもしれない。しかし実際には、日本人に他国を憎むほどの強い感情はあまりないと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)