中国ではもともと教育熱心な親が多いが、近年は早期教育ブームが過熱しており、「スタートラインで負けてはいけない」を合言葉に、英才教育の低年齢化が進んできた。幼稚園では英語を教え、小学校の内容を先取りして、互いに少しでも相手よりリードしようとしているが、最近では行き過ぎた競争を抑えるために教育分野の規制が行われている。中国メディアの網易はこのほど、日本の幼稚園を見れば、中国の子どもは「スタートラインで負けている・・・・

続きを読む