一帯一路を進める中国では、その一環としてインドネシア高速鉄道の建設を進めている。中国の高速鉄道輸出にとって重要なロールモデルになると期待され、国を挙げて進めてきたが新型コロナなどの影響もあって、総事業費は当初計画していた51億ドルを大幅に上回っているようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、このインドネシア高速鉄道について「中国が大金をかけても成功させようとしている理由」を示す記事を掲載した。
続きを読む