新幹線は近年中国にライバル視されてきたが、次世代の超高速鉄道の開発を進める米国も、中国の「ライバル」になっているようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、中国の超高速鉄道開発が着々と進んでいると伝える記事を掲載した。米国の専門家からはパクリだと言われているが、「そんなわけはない」と反論している。

 記事はまず、中国は押しも押されもせぬ「高速鉄道強国になった」と自賛した。中国高速鉄道は一部区間・・・・

続きを読む