中国のポータルサイト・網易に22日、「日本はこれほど経済が発展しているのに、どうして日本語は国際的な公用語として認められないのか」とする記事が掲載された。

 

 記事は、国際連合が定めている公用語が英語、中国語、フランス語、ロシア語、アラビア語、スペイン語の6種類であると紹介。そのうち英語、フランス語、スペイン語の3言語については、大航海時代以降の西洋諸国による植民地政策が関・・・・

続きを読む