近年、中国では抗日ドラマの内容があまりに現実とかけ離れているとして批判の対象となっている。これには、素手で日本兵を切り裂くことや、当時はまだないはずの先進的な武器が登場することなどが含まれるが、中国メディアの快資訊はこのほど、抗日ドラマの登場人物の日本人のなかには「絶対にあり得ない人がいる」と指摘する記事を掲載した。

 記事の言う絶対にあり得ない日本人とは「女性将校」のことだ。抗日ドラマ・・・・

続きを読む