自民党総裁選を前に、中国でも日本の次期総理候補への関心が高まっているようだ。中国メディアの百家号は12日、「中国にとって一番の脅威なのは誰か」と問いかけ、ある中国人記者が示した見方を紹介している。

 現時点では河野太郎ワクチン担当大臣が総裁選で有力視されているが、中国では河野氏を「親中派」と見ている人が多いようだ。そうあって欲しいという願いもあるのだろうが、記事はこれを「美しい誤解」と指・・・・

続きを読む