中国は富める者から先に富めという「先富論」を原則として改革開放を実行することで飛躍的な経済成長を遂げた。その後に打ち出した「小康社会(ややゆとりのある社会)」については、すでに「全面的な実現」を宣言しており、現在は「共同富裕」を目標に掲げている。

 そんな中国からすると、1970年代にすでに「一億総中流」社会を実現させた日本は参考になるのだという。中国メディアの網易は9日、日本は50年も・・・・

続きを読む