中国のポータルサイト・騰訊に11日、「日本の小学校はどうして中国のように『よい学校』を選んで通わせる必要がないのか」とする記事が掲載された。

 

 記事は、日本が世界トップクラスの公立教育レベルを持つ国であり、その理念は「平等に分け隔てなく教育を施す」という教育の普遍性、普及性にあると紹介。特に、義務教育である小学校、中学校ではその理念が顕著に表れているとした。
続きを読む