中国のポータルサイト・新浪に9日、サッカーワールドカップアジア最終予選の日本―中国戦について「シュートはおろか、ろくにボールにも触らせてもらえない絶望的な敗戦だった」と評する記事が掲載された。

 

 記事は、0−1で日本に敗れた中国代表について、特に前半の戦いぶりがひどいものだったと指摘。中国代表のボール支配率はわずか22%と非常に少なく、当然ながら攻撃のチャンスもほとんどな・・・・

続きを読む