中国のポータルサイト・網易に8日、世界一「仕事が疲れる国」は日本ではなかったとする記事が掲載された。

 

 記事は、7月に英国のSleepseekerが発表した調査結果で、シンガポールが睡眠時間の少なさ、労働時間の長さなどにより世界で最も「疲れる国」であることが明らかになったと伝えた。記事によればこの調査は、日本、米国、英国、フランス、ドイツ、オランダ、カナダ、イタリア、スイ・・・・

続きを読む